医療用のスクラブのメリットとオリジナルスクラブの作成

医師や看護師、警察官など、様々な職業に、その職に適したユニフォームというものが存在しています。医師や看護師をはじめとした医療従事者ならば、白衣がそのユニフォームに当たるでしょう。白衣と一口に言っても、様々な形や生地の白衣が存在しており、そのひとつがスクラブ白衣です。

スクラブ白衣のメリットとオリジナルスクラブについて紹介します。

関連:おすすめの医療用マタニティスクラブ

スクラブ白衣とは

スクラブ白衣とは、主に医療従事者が着用する白衣の一種です。通常、白衣というと、清潔感を意識した白色の、丈が長い前開きのコートのようなユニフォームを想像することが多いですが、このスクラブ白衣は異なります。

基本的にスクラブ白衣は、半袖で丈が短いことが特徴です。襟はVネックとなっており、スムーズな着脱ができるようなゆったりとしたつくりになっています。スクラブ白衣はもともとは手術着で、医師が通常業務をこなす際には、以前は白く丈の長いドクターコートが医療従事者のユニフォームの主流でしたが、アメリカの医療ドラマにおいてスクラブ白衣を着用している姿が放送されてから、スクラブ白衣が主流へと移り変わってきています。

スクラブ白衣は、カラーバリエーションも豊富で動きやすいことから、医療従事者ばかりではなく様々な職業で着用されています。主に介護現場のスタッフやエステサロンのスタッフが着用しているようです。

スクラブ白衣のメリット

スクラブ白衣には、様々なメリットがあります。そのひとつが、傷みにくいということです。スクラブとは「ごしごし洗う」という意味であり、その名の通り、スクラブ白衣はごしごし洗ったとしても、何度も着用することができる頑丈さを備えています。

スクラブ白衣の多くは、ポリエステルを素材としており、優れた耐久性と丈夫で長持ちすることがこの素材の特徴です。形状も崩れにくく、何度洗ったとしても型崩れすることも少ないでしょう。医療現場では、血液や薬品などによってユニフォームが汚れるということはよくあります。

生地が傷みやすくては、ユニフォーム代金が高くついてしまいますが、スクラブ白衣は傷みにくいのでその心配がありません。また、速乾性があるということもスクラブ白衣のメリットのひとつです。ポリエステルは風通しがよく、速乾性があります。

ユニフォームは十数枚も支給されるものではなく、素早く洗濯してすぐに着ることができるようになっていることが望ましいです。医療従事者の勤務形態は様々で、かつ基本的に24時間体制で動き続けています。ごしごしと手荒に洗っても問題なく、すぐに乾くスクラブ白衣は重宝されるでしょう。

また、汗をかいたとしてもすぐに乾き、不快感も少ないです。汗によって気が散り、医療ミスをするなどといったことも防ぐことができます。デザインがゆったりしていることもスクラブ白衣のメリットです。スクラブ白衣は、Vネックでくびれもなく、全体的にゆったりしているデザインなので、首元が苦しいといった悩みもなければ、動きが妨げられるといった心配もありません。

緊急事態にもスムーズに仕事をこなすことができるでしょう。仮眠もしやすく、医療従事者の活動をサポートしてくれるデザインです。ファスナーやボタンといったものもついていないので、事故を防ぐことにもつながります。

このほか、着用に心理的抵抗が少ないという点もメリットです。ユニフォームが白いと下着が透ける心配が、体に沿ったぴっちりとしたデザインだとボディラインが目立つという悩みが生じます。しかし、スクラブ白衣はカラーバリエーションも豊富でゆったりしているので、その心配はありません。

さらにスクラブ白衣は、一枚一枚が低価格です。長く使えて、安いので、多くの医療現場で取り入れられています。

職場での一体感が生まれるオリジナルスクラブ

スクラブ白衣をはじめとして、ユニフォームというものは、その職場独自のオリジナルデザインを作成することが多いです。オリジナルのユニフォームを作成することには、様々なメリットがあります。そもそも、ユニフォームのメリットのひとつとして、職場でのスタッフの士気向上と業績向上があげられます。

その場にふさわしい格好をすることで、ふさわしい行動と心構えをすることが可能です。また、ほかの職場とは異なる同じデザインのユニフォームを職場のスタッフ全員で着用することによって、チーム全体で一体感が生まれます。

医療現場では、単独の仕事ではなくチーム全体で一緒になって働くチームプレーが重要です。オリジナルスクラブは、その手助けとなります。チームで意識している想いをロゴやデザインに取り入れた世界で一つだけのオリジナルスクラブは、スタッフの士気を高めるでしょう。

オリジナルスクラブでできる加工

スクラブ白衣は、形状もシンプルでゆったりしていることからオリジナルデザインを組み込みやすいユニフォームのひとつといえます。オリジナルスクラブでできる加工には様々な種類があり、様々な医療現場で活用されています。

代表的な加工は、刺繍加工とプリント加工です。刺繍加工とは、その名の通りスクラブ白衣の袖や胸元などに名前やチーム名などの刺繍を入れることを指します。糸の立体感があり、目立ち、かつ耐久性も高いため人気があります。

プリント加工とは、インクをすり込んだり、シートを熱で圧着させたりして、布地にプリントすることです。大きなデザインをする際に便利でしょう。これらの加工を駆使してオリジナルデザインを作成します。

オリジナルスクラブの価格と納期

オリジナルスクラブは、職場独自のデザインで、ユニフォーム業者の既存のデザインではないので、ある程度の価格と納期がかかります。価格は、オリジナルで入れる加工の種類と大きさなどによってそれぞれ変わるものです。

また、業者によって様々な割引もあるので、見積もりを比べて選ぶことが必要となるでしょう。納期は自社工場で作成している業者ならば1週間から10日ほどとなります。しかし、ほかの工場などに委託している場合などには、3週間から4週間ほどかかるでしょう。

オリジナルスクラブを作るのならば

オリジナルスクラブを作成するのならば、まず予算と希望納期、そして支給枚数とサイズを確認することが必要です。どのような加工をするかによって1枚1枚の価格が変わるので、どの程度までならお金を掛けることができるのかの予算をあらかじめ決めておかないと、価格がどんどん高くなってしまいます。

デザインにこだわって相談に時間をかけすぎると、なかなか完成しません。そのため希望納期などを定めておくとよいでしょう。商品を注文する際には、どのサイズが何枚必要かをあらかじめ確認しておくことが必要です。

オリジナルスクラブを作るポイント

オリジナルスクラブを作成したいのならば、デザインは男女でそろえることができるものを選ぶことがポイントです。スクラブはデザインがゆったりしており、男女どちらが着ても問題ないデザインが多いですが、分けられているものもあります。

しかし、男女で似たようなデザインのものを選ぶ方が、チームとしての統一感が生まれ、チームプレーもはかどるでしょう。デザインをそろえる方が、管理する際も便利です。また、サイズ展開が広く、在庫がそろいやすいデザインを選ぶこともポイントです。

欲しい時に必要な枚数がそろわなければ、使い勝手が悪くなってしまうでしょう。

オリジナルスクラブでスムーズな仕事を

スクラブは、医療現場のスタッフが着用するユニフォームで、ゆったりとしたデザインで着脱しやすく、頑丈といった様々なメリットがあります。オリジナルのスクラブを作成すれば、チームプレーが多い医療現場でも一体感が生まれ、仕事がスムーズに進むでしょう。

刺繍やプリントといった加工方法でオリジナルデザインを作成し、スムーズな仕事に役立ててください。